借金地獄を避けるために!借りる前の心構え

お金を借りると言う事は、以前はお金を持っている親戚や知人などの身近な人に頭を下げて借りていたものでした。

 

しかし現在は融資をしてくれる会社が多く出来て、必要な時にはすぐ借りられる気軽なシステムが構築され、携帯電話さえあれば近くのATMで即座にキャッシングしてお金を手に入れる事が出来ます。

 

またキャッシングを利用すると、簡単な手続きで数十万円をすぐに借り入れる事が出来るので、予定外の急な出費も問題なくカバーできます。

 

借入先も銀行のカードローンや大手消費者金融のキャッシングならば、利息を低く設定しているので返済もしやすくなります。

 

しかしその便利さゆえに、どんどん借りてしまい返済が不可能な額になってしまうと、複数の会社から借りるようになり、しまいには違法な高金利で融資する業者にも頼むようになってしまう悪循環におちいる可能性が多く、実際このような借金地獄に苦しむ人も少なくありません。

 

これを読んだ方は、このような事態に陥らないように重々注意し借入や返済計画をしっかり立ててください。

 

お金を借りる理由を明確に

 

キャッシングを利用する前には、必ず「なぜ借りるのか」「本当に必要か」を明確にする必要があります。

 

「今手持ちがないから」と言う理由が一番多いかと思いますが、そのような場面はたくさんあるため1回だけと思っていても、手持ちがないと思うたびにキャッシングする習慣が身についてしまい、キャッシングを利用する事に何の抵抗感も感じなくなっていきます。

 

キャッシングは箱の操作をしたらすぐにお金が出てくると考えがちですが、元々は他人のお金でそれを借りているので返済するのも利息がつくのも当たり前なんです。

 

しかしそれを忘れて使う人が多く、キャッシングの最大のわなと言えるのではないでしょうか。キャッシングをする前には、そのお金が本当に必要なものか、または我慢できるものではないかをよく検討するのが大事です。

 

その次には、自分には借りたお金を返せる返済能力があるかどうかをチェックします。例えばつき15万円の給料でもそのうちの12万円が返済金額ならば、到底完済できるはずがありませんね。

 

そのような人は返済に困るとあちらこちらでお金を借りはじめ、それらの返済に追われる事になってしまいます。こんな事態を避けるためには、お金を借りる前から自分の収入と借入額を見て、そこから自分が余裕を持って返せる毎月の返済額を計算してから、借入額の見直しまたは借入を行いましょう。

 

借入れはどこにしたら良いのか?

 

返済計画がきちんとできたら、次はどの金融機関から借りるのかを決めましょう。銀行や消費者金融ならどこで借りても同じと思われるかもしれませんが、審査基準や審査のスピード、借入可能額に大きな差を生じています。

 

どこにすればよいかが分からない時は、借入額や返済プランが分かるシミュレーションサイトがインターネットにあるので、そこで自分の場合を調べてみても良いでしょう。

 

また各社の特徴や審査等の比較情報が見られる比較サイトもあるので、まずそれらを見て自分が納得し信頼できるところからお金を借りるようにしましょう。